仕事へのやる気と婚期の考慮

看護師として資格を得て働けることにやる気を出しすぎてしまい、婚期を逃してしまう人もいます。
念願の資格を取得してようやく働けるようになったからこそ、働ける今を大事にして看護師として活躍できるようになりたいという意識を持つのはもっともなことでしょう。その思いの根底には女性は結婚したら働けなくなってしまうことが多いという一般的な事実があります。
ようやく働けるようになったのにわずか数年でもう働けない状況にはなりたくないという気持ちから、結婚を先送りにして看護師として働くのを大事にした結果、婚期が遅れてしまいがちになっているのです。しかし、婚期が遅れると出産の時期も必然的に遅くなってしまうリスクがあります。女性としては出産の時期はできるだけ早めにしたいという気持ちもあるでしょう。その点を考えたら結婚を急いでおいた方が無難なのです。
看護師の場合には女性が多いということもあり、支援制度が充実していて結婚してからでもワークライフバランスを保って働きやすい状況があります。仕事と家庭をどのくらいの比率で大切にするかに応じて適切な働き方をすることができるでしょう。
就職してすぐの若くて重要な時期に仕事にやる気を出すのは大切なことですが、結婚もできるだけ早く行えるように努力すると失敗がありません。看護師だからこそ働き続けるという選択肢は取りやすく、結婚によって働けなくなる心配はほとんどないと理解しておきましょう。こちらの婚期を逃す「売れ残り女子」にならないために!というサイトにも、結婚後の働き方を始め、結婚をするタイミングや晩婚となってきている理由などが書かれており、参考になると思います。

2017年12月
     
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

人気上昇中!

アーカイブ